【Twitter】ツイートする方法・ツイートソースラベルを見る方法

今回は、ツイートする方法とツイートソースラベルを見る方法を紹介します。

※当記事では、Android版Twitter公式アプリ(バージョン 8.60.0)を使用します。

ツイート・ツイートソースラベルについて

・1つのツイートでツイート(つぶやき)できるのは140文字までです。

・ツイートには画像4枚、GIF画像か動画を1つまで追加できます。

・ツイートソースラベルとは、ツイートがどのように(どのデバイス等から)投稿されたかの情報です。

・ツイートソースラベルには、「Twitter for iPhone」「Twitter for Android」や投稿に使用したサードパーティアプリ名等が表示されます。

ツイートする方法 – Android

1.Twitter公式アプリを起動して、画面右下の「ツイート」アイコンをタップします。

2.「ツイート作成ボックス」が開くので、ツイートする内容を入力します。
入力し終えたら、画面右上の「ツイートする」をタップします。
※ツイートには、画像、GIF画像、動画、投票、位置情報を追加することができます。
※下記画像のソフトキーボードは「Gboard」です。
Android版Twitter_ツイートする

3.ツイートが投稿されます。

ツイートソースラベルを見る方法 – Android

4.Twitter公式アプリを起動して、「ホーム(タイムライン)」画面や「プロフィール」画面の自分のツイート、または他のユーザーが投稿したツイートをタップします。

5.「4.」でタップしたツイートの「ツイート」詳細画面が開き、ツイート下部に「ツイートソースラベル」が表示されます。
※自分のツイートだけでなく、他のユーザーのツイートにも「ツイートソースラベル」が表示されます。
Android版Twitter_ツイートソースラベル

error:Content is protected !!