【Windows11】削除したファイルを復元する方法

今回は、Windows11で誤って削除したファイルを復元する方法を紹介します。

 
 

「ごみ箱」から復元する

Windows 11で削除されたファイルはまず「ごみ箱」に移動されます。ごみ箱内でファイルを見つけ、右クリックして「元に戻す」を選択すると、元の場所にファイルを復元できます。ただし、ごみ箱を空にした場合、この方法では復元できません。

OneDriveを使用する

OneDriveはWindows 11のバックアップ設定に統合されており、設定していれば、OneDriveに保存されたファイルをインターネット経由で復元できます。OneDriveにアクセスして必要なファイルを検索し、ダウンロードすることで復元できます。

Windows File Recoveryを使用する

Windows File Recoveryはコマンドラインツールです。難易度は高いですが、詳細な構文と回復モードを学ぶことで、削除されたファイルを復元できます。このツールは、特にテクニカルな知識を持つユーザーやIT専門家に適しています。

システムの復元ポイントを使用する

Windows 11/10には、システム全体を以前の状態に戻す機能があります。システムの復元を実行すると、復元ポイント以降の変更内容が失われる可能性があるため、重要なデータは事前にバックアップを取ることが重要です。

ファイル履歴を使用する

Windowsに組み込まれているバックアップツール「ファイル履歴」を使用して、過去に作成されたファイルやフォルダの変更を記録し、復元することができます。これは、バックアップオプションが有効になっている場合に役立ちます。

データ復元ソフトウェアを使用する

削除されたファイルが見つからない場合は、データ復元ソフトウェアを試すことができます。例えば「MyRecover」のようなソフトウェアは、200以上のファイルタイプを復元できます。

注意事項

・ファイル復元の成功率は、ファイル削除後のPC使用量や復元方法によって異なります。
・重要なデータは定期的にバックアップすることが推奨されます。

まとめ

これらの方法を駆使すれば、Windows 11で誤って削除されたファイルを効果的に復元することが可能です。ただし、各手順の詳細やリスクについては、使用する前によく理解することが重要です。