【Windows11】画面の文字サイズを大きくする方法

Windows 11で画面上の文字サイズを大きく表示する方法にはいくつかのオプションがあります。これらの方法は、画面全体の拡大や、特定のアプリケーション内の文字サイズの変更、システム全体のテキストサイズの調整など、異なるニーズに応じて使い分けることができます。

 
 

Windows 11の設定を使用した方法

1. テキストのみを大きくする:
 ・「スタート」メニューから「設定」を開き、「アクセシビリティ」に移動し、「テキストのサイズ」を選択します。
 ・ここに表示されるスライダーを動かしてテキストサイズを調整し、「適用」をクリックします。
 ・テキストサイズは100%から225%の範囲で調整可能です。

2. 画像やアプリを含めてすべてを大きくする:
 ・「設定」の「アクセシビリティ」から「ディスプレイ」を選択し、「拡大/縮小」のオプションを使用します。
 ・ドロップダウンメニューから拡大するサイズを選択します。

ブラウザやアプリケーション固有の設定

1. Google Chromeの表示倍率を調整する:
 ・アドレスバーの右側にある縦3点アイコンをクリックし、メニューから「ズーム」を選択して表示倍率を調整します。

2. Excelなどのアプリケーションでズームを使用する:
 ・ステータスバーの右側にある「ズーム」や「ズームスライダー」を使用して、シート内の文字を拡大表示します。

その他の方法

拡大鏡の使用:
 ・「Windows ロゴ キー」を押しながら「正符号 (+)」キーを押して拡大鏡を有効にします。
 ・同様にして拡大・縮小を行い、「Esc」キーで拡大鏡をオフにします。

ディスプレイの解像度を変更する:
・ただし、これは画面がぼやける可能性があるため注意が必要です。

コントロール パネルからカスタムテキストサイズの設定:
 ・この方法では、コントロールパネルを使用してテキストサイズをカスタム設定します。

これらの方法を使えば、Windows11での作業がより快適になるはずです。また、お使いのデバイスや特定のアプリケーションによっては、上記の手順が若干異なる場合があるため、具体的な操作方法については、それぞれのデバイスやソフトウェアのドキュメントやヘルプセクションを参照することをお勧めします。