【Windows11】天気予報を見る方法

Windows11では、天気予報を表示する方法がいくつかあり、ユーザーは自分のニーズや好みに合わせて選択できます。

今回は、このWindows11で天気予報を見る方法を紹介します。

 
 

タスクバーのウィジェットを使用する

Windows 11では、タスクバーに「ウィジェット」機能があり、天気予報を簡単に表示できます。タスクバーのウィジェットアイコンをクリックすると、天気予報が表示されます。また、ウィジェットの「…」メニューから「ウィジェットのカスタマイズ」を選択することで、表示する地域を変更することができます。この方法は、すぐに天気情報を確認したい場合に便利です。

MSN天気アプリの使用

Windows 11にはMSN天気アプリが標準で付属しています。このアプリでは、現在地や他の任意の都市の天気予報を確認できます。左下の歯車アイコンからオプションを開き、「地域を設定」で現在地の検出をオンにするか、任意の都市を入力することができます。また、お気に入りの都市を登録することも可能です。

天気予報アプリのダウンロード

Windows 11では、さまざまな天気予報アプリをダウンロードして使用することもできます。たとえば、「Forecast」や「The Weather 14 Days」といったアプリは、14日間の天気予報を提供し、複数の地点の追加や雨マップの表示などの機能があります。また、「MyRadar」は、現在地の天気レーダーをアニメーションで表示し、最大10日分の詳細な予報を提供します。

タスクバーの天気表示のカスタマイズ

タスクバーの天気表示はカスタマイズすることが可能です。タスクバーのアイコン配置が中央揃えの場合、天気はタスクバーの左端に表示され、左揃えの場合は他のアイコンと並んで表示されます。タスクバーのアイコン配置を変更する方法や、天気の表示/非表示の切り替えも可能です。