【Windows11】ファイルのサイズや作成日を確認する方法

Windows 11では、ファイルのサイズや作成日を確認する複数の方法があります。

今回は、このWindows11でファイルのサイズや作成日を確認する方法を紹介します。

 
 

ファイルのサイズや作成日を確認する方法

詳細ウィンドウを利用する

・エクスプローラーの右側に表示される詳細ウィンドウを利用して、ファイルの名前、種類、作成日時、サイズなどの情報を確認できます。

プロパティで確認する

・ファイルを右クリックしてメニューから「プロパティ」を選択し、サイズの部分でファイルサイズを確認できます。複数ファイルを一度に選択してプロパティを開くことで、合計サイズも確認できます。

エクスプローラーで確認する

・エクスプローラーの表示ボタンから「詳細」を選択すると、サイズの欄でファイルサイズを確認できます。また、マウスでファイルを選択すると、エクスプローラーの左下にファイルサイズが表示されます。

マウスホバーで確認する

・ファイルアイコンの上にマウスポインターを置くと、ファイルの情報が表示され、その中からファイルサイズを確認できます。ただし、この方法では複数ファイルのサイズをまとめて確認することはできません。

まとめ

Windows 11においては、ファイルの作成日やサイズを確認するための複数の方法が存在します。ユーザーのニーズや状況に応じて、これらの方法を選択して利用することができます。特に、プロパティを利用する方法は、個々のファイルだけでなく、複数ファイルのサイズを一度に確認するのに適しています。また、エクスプローラーでの詳細表示やマウスホバーを使う方法も、日常的な使用に便利です。