【LINE】通知を一時的にオフ(停止)にする方法

LINEでは、授業中や仕事の会議中、寝ている間だけ、通知を一時的に止めることができます。

今回は、この通知を一時的にオフにする方法を紹介します。

スポンサーリンク

通知を一時的にオフにする方法

※ここでは、Android版のLINEアプリ(バージョン 9.20.1)を使用します。

1.LINEアプリを起動すると、前回開いていた画面が開くので、画面左下の「ホーム」をタップします。

2.「ホーム」画面が開くので、画面右上の「歯車(設定)」アイコンをタップします。

3.「設定」画面が開くので、画面を下方にスクロールして、「通知」をタップします。

4.「通知」画面が開くので、「一時停止」をタップします。

5.「一時停止」画面が開くので、必要に応じて、「1時間停止」か「午前8時まで停止」をタップします。
※ここでは、「1時間停止」をタップします。
LINE_一時停止

6.「5.」でタップした項目に「✓」マークが付きます。
画面左上の「<(戻る)」かスマホの「◀(戻る)」をタップします。

7.「通知」画面に戻り、「一時停止」項目に「~まで停止」と表示されます。

これで設定は完了です。
停止時間が過ぎると、自動的に通知が再開します。

試してみたところ、通知の一時停止中でも、メッセージ等が届くと、LINEアプリの画面下の「トーク」アイコンや「トーク」画面に、メッセージの未読数が赤丸や緑丸で表示されました。
(LINEアプリやAndroid、iPhone(iOS)のバージョンによって、通知の挙動が異なる可能性があるので、使用する端末で実際に試してみてください)

手動で通知を再開する方法

通知の一時停止状態は、手動で再開することもできます。

8.上記「5.」の「一時停止」画面を開き、「通知を再開」をタップします。

9.「1時間停止」か「午前8時まで停止」項目に付いていた「✓」マークが消えて、通知が再開します。
※「通知」画面に戻ると、「一時停止」項目の「~まで停止」表示が消えています。

error:Content is protected !!