【YouTube】アプリで動画を10秒早送り/巻き戻しする方法

スマホやタブレットのYouTube(ユーチューブ)アプリでは、動画を再生中に、10秒早送りをしたり、巻き戻したりすることができます。

今回は、このYouTubeアプリで動画を10秒早送り/巻き戻しする方法を紹介します。

スポンサーリンク

アプリで動画を10秒早送り/巻き戻しする方法

※ここでは、Android版のYouTubeアプリ(バージョン:13.19.58)を使用します。

1.YouTubeアプリを起動して、動画の再生画面を開きます。

2.動画部分をタップして、アイコン類が表示されたら、「▶(再生)」マークをタップして、動画を再生します。

動画を10秒早送りする

3.動画を再生した状態で、動画画面の右側部分をダブルタップします。
YouTubeアプリ_動画再生3_2018-06-01

4.動画の画面上に「▶▶▶ 10 seconds」と表示されて、動画が10秒早送り(スキップ)されます。
YouTubeアプリ_動画再生_10秒早送り_2018-06-01

動画を10秒巻き戻しする

5.「3.」の画面で、動画画面の左側部分をダブルタップします。
YouTubeアプリ_動画再生3_2018-06-01_2

6.動画の画面上に「◀◀◀ 10 seconds」と表示されて、動画が10秒巻き戻しされます。
YouTubeアプリ_動画再生_10秒巻き戻し_2018-06-01_2

YouTube
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!