【Windows11】スタートボタンの位置を変える方法

【Windows11】スタートボタンの位置を変える方法※イメージ画像

Windows11は、スタートボタンの位置を変えることができます。
今回は、このWindows11でスタートボタンの位置を変える方法を紹介します。

Windows11とスタートボタンの新しい配置

Windows11は、従来のWindowsとは異なり、スタートボタンの位置を中央に配置する新しいデザインを採用しています。これは、タスクバーの見た目をすっきりとさせ、ユーザーの集中力を高めることを目指した結果です。しかし、この新しい配置は一部のユーザーにとっては馴染みにくいかもしれません。そこでWindows11では、スタートボタンの位置を左端に戻すことも可能になっています。これにより、Windows10と同じ操作感を得ることができます。

スタートボタンの位置を変更する手順

Windows11では、スタートボタンの位置を変更することが可能です。以下にその手順を説明します。

  1. まず、デスクトップの任意の空白部分を右クリックします。
  2. 表示されたメニューから「個人用設定」を選択します。
  3. 新しく開いた「設定」ウィンドウの左側のメニューから「タスクバー」を選択します。
  4. 「タスクバーの配置」の項目を見つけ、ドロップダウンメニューから「左揃え」を選択します。

以上の手順で、スタートボタンの位置を左端に戻すことができます。

スタートボタンの位置変更のコツと注意点

Windows11のスタートボタンの位置を変更する際には、いくつかのコツと注意点があります。

  • まず、スタートボタンの位置を変更すると、タスクバー上のアイコンの配置も変わる可能性があります。これは、スタートボタンの位置によって、アイコンの表示領域が変わるためです。
  • また、スタートボタンの位置を変更した後は、一度PCを再起動することをおすすめします。これにより、新しい配置が正しく反映され、問題が発生するのを防ぐことができます。
  • 最後に、スタートボタンの位置を変更することは、個々のユーザーの好みや作業スタイルによるものなので、自分にとって最も使いやすい位置を見つけることが重要です。

以上の点に注意しながら、Windows11のスタートボタンの位置を自由にカスタマイズしてみてください。

スタートボタンの位置変更後のカスタマイズ

スタートボタンの位置を変更した後も、Windows11ではさらに多くのカスタマイズが可能です。

  • タスクバーのアイコン: スタートボタンの位置を変更した後、タスクバー上のアイコンの配置も自由に変更できます。これにより、よく使うアプリケーションをすぐに起動できるようにすることができます。
  • テーマの変更: Windows11では、テーマを変更することで、デスクトップの見た目を自分好みにカスタマイズすることができます。テーマは、背景、色、サウンド、カーソルなど、PCの見た目と操作感を一括して変更する機能です。
  • ウィジェット: Windows11では、ウィジェットを利用することで、天気やニュース、スケジュールなど、必要な情報をすぐに確認することができます。ウィジェットは、スタートボタンと同じく、タスクバーから簡単にアクセスできます。

以上のように、Windows11ではスタートボタンの位置を変更した後も、さまざまなカスタマイズが可能です。自分だけの快適な作業環境を作り上げてみてください。

まとめ

この記事では、Windows11のスタートボタンの位置を変更する方法について詳しく解説しました。スタートボタンの位置を自由に変更することで、Windows11の操作感を自分好みにカスタマイズすることが可能です。また、スタートボタンの位置を変更した後でも、さらに多くのカスタマイズが可能です。