【Windows11】確定した文字を再変換する方法

今回は、Windows11で確定した文字を再変換する方法を紹介します。

 
 

Windows11での文字再変換の基本

Windows11では、一度確定した文字を再変換することが可能です。具体的には、確定した文字を選択して[変換]キーを押すことで、再変換が行えます。

Windows11での自動確定と再変換

Windows10を使用していた頃に日本語入力の自動確定を実現していた方々は、Windows11でも同様の操作を行いたいと思うかもしれません。しかし、Windows10のバージョンが2004以降、またはWindows11を使用している場合、新しいMicrosoft IMEが適用されています。

新しいMicrosoft IMEでは、以前のバージョンのMicrosoft IMEに戻すことで、自動確定と再変換の設定が可能となります。具体的な手順は以下の通りです:

1. タスクバーの検索ボックスに「設定」と入力し、「設定」を選択します。
2. 「設定」内の検索ボックスに「IME設定」と入力し、ご使用の言語に適切なIME設定を選択します。
3. 「全般」を選択し、「以前のバージョンのMicrosoft IMEを使う」をオンにします。

これにより、Windows11でもWindows10と同様の日本語入力の自動確定と再変換が可能となります。

まとめ

Windows11では、確定した文字の再変換が可能であり、これにより誤変換の修正や表現の変更が容易になります。また、Windows10で利用していた自動確定の設定をWindows11でも引き続き利用することが可能です。そのためには、新しいMicrosoft IMEから以前のバージョンのMicrosoft IMEに戻す設定を行う必要があります。