Webexで画面共有をスムーズに行う方法

Webex(ウェベックス)は、オンラインでビデオ会議やウェビナーを行うことができるサービスです。

今回は、このWebexで画面共有をスムーズに行う方法を紹介します。

 
 

Webexで画面共有とは

Webexでは、参加者は自分の画面やアプリケーションを他の人と共有することができます。画面共有とは、自分のコンピューターの画面の内容をリアルタイムで他の人に見せることです。アプリケーション共有とは、自分のコンピューターで開いている特定のアプリケーションのみを他の人に見せることです。画面共有やアプリケーション共有をすることで、プレゼンテーションやデモンストレーション、コラボレーションなどを効果的に行うことができます。

Webexで画面共有をする方法

Webexで画面共有をするには、以下の手順を行います。

・Webexアプリを起動し、ミーティングに参加するか、ミーティングを開始します。
・ミーティング中に、画面下部の[共有]ボタンをクリックします。
・共有する画面やアプリケーションを選択します。画面を選択すると、自分のコンピューターの全画面が共有されます。アプリケーションを選択すると、そのアプリケーションのウィンドウだけが共有されます。複数のアプリケーションを選択することもできますが、一度に表示できるのは一つだけです。
・共有する画面やアプリケーションを選択したら、[共有]ボタンをもう一度クリックします。これで、画面やアプリケーションの共有が開始されます。
・共有を停止するには、画面上部の[停止]ボタンをクリックします。

Webexで画面共有をスムーズに行うためのコツ

Webexで画面共有をスムーズに行うためには、以下のコツを参考にしてください。

・共有する前に、共有したい画面やアプリケーションを準備しておきます。不要なウィンドウやタブを閉じたり、個人情報や機密情報を隠したりしておきましょう。

・共有するときに、共有コンテンツのタイプに応じて最適化することができます。[共有]ボタンをクリックすると、ドロップダウンメニューから以下のオプションを選択できます。
 ・自動で最適化:コンテンツの種類に応じて最も適した最適化を選択します。
 ・テキストと画像に最適化:共有コンテンツのテキストと画像を可能な限り最大の解像度と鮮やかさで表示します。ドキュメントやスライドなどの高解像度のコンテンツを共有するときにおすすめです。
 ・モーションとビデオ用に最適化:解像度を少し下げてフレームレートを上げることで、共有ビデオやアニメーションなどの動的なコンテンツの遅延を減らして流動性を高めます。ビデオやアニメーションなどの高速なコンテンツを共有するときにおすすめです。

・共有するときに、コンピューターの音声を共有することができます。[共有]ボタンをクリックすると、[コンピューター音声の共有]チェックボックスをオンにできます。これをすると、自分のマイクの音声に加えて、コンピューターから出る音声も他の参加者に聞こえるようになります。音声があるビデオやアニメーションを共有するときにおすすめです。

・共有している間に、自分のビデオを共有コンテンツの前面に表示することができます。[共有]ボタンをクリックすると、[プレゼンテーションの前面に自分を表示]チェックボックスをオンにできます。これをすると、自分のビデオが小さく表示されて、自分の表情やジェスチャーを他の参加者に見せることができます。自分の顔を見せたいときにおすすめです。

・共有している間に、注釈ツールを使って共有画面にマークやテキストを書き込むことができます。画面上部の[注釈]ボタンをクリックすると、注釈ツールバーが表示されます。これを使って、共有画面にペンやハイライト、図形やテキストなどを追加できます。共有画面に重要なポイントを強調したり、説明したりするときにおすすめです。