【Webex】便利な機能を使って仕事の効率を上げる方法

今回は、Webex(ウェベックス)の便利な機能を使って仕事の効率を上げる方法を紹介します。

 
 

Webexの特徴

Webexは、統合されたコラボレーション体験を提供する先進的なプラットフォームです。このプラットフォームは、会議、メッセージング、通話、ウェビナー、ポーリング(投票)など、多様な機能を一つに統合しています。AIによるパワフルな体験とセキュリティが組み込まれた会議機能により、生産性の向上が期待できます。

Webex Meetings

Webex Meetingsは、どこからでも参加できるエンゲージメント(愛着、思い入れ)の高い会議体験を提供します。高品質なビデオとオーディオ、リアルタイムの翻訳、クローズドキャプション、ノイズ除去、音声最適化、人物に焦点を当てたビューなどの機能により、すべての参加者に会議への等しいアクセスを提供します。また、カスタムステージビューやインタラクティブ(相互作用的)なポーリング(投票)、Q&A機能など、会議を楽しく生産的にするための機能も豊富に備わっています。

Webexの無料ビデオ会議機能

Webexでは、無料のビデオ会議機能を提供しています。これには、最大100人の参加者をホストする能力、会議の時間に50分の制限、コンピューター(VoIP)を介したオーディオ接続、デスクトップ、アプリケーション、ファイル、ホワイトボードの画面共有、無制限の会議数などが含まれます。

WebexのAIと統合機能

Webexは、最新のAI機能を搭載し、ハイブリッドワークと顧客体験のためのプラットフォームを提供しています。これには、Webex AIアシスタントやWebex AIオーディオコーデック、Room Kit EQXなどが含まれており、これらの機能は業界をリードするイノベーション(革新)とされています。また、Google、Microsoft、Salesforce、Slack、Gong、HubSpotなどのアプリとの深い統合により、ビジネスを中断することなくスムーズな運用が可能です。

Webexのウェビナーとイベント機能

Webexのウェビナー機能では、スケーラブル(規模に応じて拡張可能)なウェビナープラットフォームを通じてインタラクティブ(相互作用的)な体験を提供します。最大100,000人の参加者に対応し、100以上の言語でリアルタイム翻訳を提供することで、グローバルな観客にリーチすることができます。また、カスタムブランディングオプションやテーマを通じて、出席者登録体験をキュレートすることも可能です。

Webex Messaging

Webex Messagingは、チームとのコラボレーションを強化するための機能を備えています。これには、ファイル共有、共同作成、サードパーティのビジネスアプリとのシームレスな統合が含まれ、内部および外部のステークホルダー(関係者)との非同期コラボレーションを支援します。メッセージング機能は、ストリームに沿った安全なメッセージングを通じてチームをまとめることができ、@メンション、フォワーディング、フラグ付け、ピン留め、スレッドによって、コミュニケーションを常に明確に保つことができます。

Webexのビデオ録画と共有機能

Webexでは、会議の録画と共有が簡単に行えます。Webexプレイヤーをダウンロードすれば、録画した会議を見たり、共有したり、編集したりすることが可能です。これにより、ビデオ会議の記録を保持し、後で参照することができます。

Webexのセキュリティとプライバシー

Webexはセキュリティとプライバシーを重視しており、これは特に教育機関や企業にとって重要な要素です。Webexは、個人データや企業情報の保護を確保するために、高度なセキュリティ機能を提供しています。

Webex Suite: ハイブリッドワークのための総合ソリューション

Webex Suiteは、会議、メッセージング、通話、ポーリング(投票)、ウェビナー、イベント、ホワイトボーディング、ビデオメッセージングなど、多様なコラボレーションツールを一つに統合したソリューションです。これにより、どこからでも効率的に作業を行う柔軟性が提供されます。

まとめ

Webexは、AI機能や高度なセキュリティ、多様な統合機能を備えた、ハイブリッドワークに最適なコラボレーションツールです。会議、メッセージング、通話などの機能を通じて、効率的なコミュニケーションと作業の流れをサポートします。