【LINE】QRコードを送る方法とメリット

今回は、LINEでQRコードを送る方法とメリットを紹介します、

 
 

LINEでQRコードを送ると何がいいの?

LINEは、友だち追加やトークのやりとりなど、さまざまな機能を提供する人気のコミュニケーションアプリです。その中でも、QRコードを使って友だち追加する方法は、便利で簡単な方法の一つです。QRコードとは、四角い模様の中に情報を埋め込んだコードのことで、スマホのカメラで読み取ることができます。LINEでは、自分のアカウントに対応したQRコードを表示したり、他人のQRコードを読み取ることで、友だち追加の操作を行うことができます。

LINEでQRコードを送る方法には、主に以下の二つのパターンがあります。

・対面時:自分のQRコードを相手に読み取ってもらうか、相手のQRコードを自分が読み取る
・遠隔時:自分のQRコードをメールやSNSなどで相手に送るか、相手から送られたQRコードを自分が読み取る

それぞれのパターンについて、具体的なやり方とメリットを紹介します。

対面時のQRコードの送り方とメリット

友だち追加したい相手と対面している場合は、QRコードを使ってその場で簡単に友だち追加できます。自分のQRコードを相手に読み取ってもらうか、相手のQRコードを自分が読み取るか、どちらかの方法を選べます。

自分のQRコードを相手に読み取ってもらう場合は、以下の手順で行います。

・LINEアプリを開き、画面上部の「友だち追加」アイコンをタップする
・画面上部の「QRコード」アイコンをタップする
・「マイQRコード」をタップして、自分のQRコードを表示する
・相手に自分のQRコードを読み取ってもらう

相手のQRコードを自分が読み取る場合は、以下の手順で行います。

・LINEアプリを開き、画面上部の「友だち追加」アイコンをタップする
・画面上部の「QRコード」アイコンをタップする
・相手のQRコードをカメラで読み取る
・相手のプロフィール画面で「追加」をタップする

対面時のQRコードの送り方のメリットは、以下の通りです。

・LINE IDや電話番号などの個人情報を交換する必要がない
・相手の名前や顔写真などを確認できるので、間違えて他人を友だち追加するリスクがない
・QRコードを読み取るだけで簡単に友だち追加できるので、時間や手間がかからない

遠隔時のQRコードの送り方とメリット

友だち追加したい相手と離れた場所にいる場合は、QRコードをメールやSNSなどで送って友だち追加できます。自分のQRコードを相手に送るか、相手から送られたQRコードを自分が読み取るか、どちらかの方法を選べます。

自分のQRコードを相手に送る場合は、以下の手順で行います。

・LINEアプリを開き、画面上部の「友だち追加」アイコンをタップする
・画面上部の「QRコード」アイコンをタップする
・「マイQRコード」をタップして、自分のQRコードを表示する
・「シェア」をタップして、メールやSNSなどで相手に送る

相手から送られたQRコードを自分が読み取る場合は、以下の手順で行います。

・相手から送られたQRコードをスマホに保存する
・LINEアプリを開き、画面上部の「友だち追加」アイコンをタップする
・画面上部の「QRコード」アイコンをタップする
・画面中央右側の「QRコード」アイコンをタップして、写真一覧から相手のQRコードを選択する
・相手のプロフィール画面で「追加」をタップする

遠隔時のQRコードの送り方のメリットは、以下の通りです。

・対面する機会がなくても、メールやSNSなどで簡単に友だち追加できる
・QRコードを送るときにメッセージを添えることができるので、自己紹介や挨拶などができる
・QRコードを更新することで、意図しない人に友だち追加されるのを防ぐことができる

まとめ

LINEでQRコードを送ると、個人情報を交換する必要がなく、簡単に友だち追加できます。また、QRコードを送るときにメッセージを添えたり、QRコードを更新したりすることで、より安全にコミュニケーションを取ることができます。