【Tver】通信量が多くなる原因と対処法

Tverは、テレビ番組を無料で視聴できるサービスです。しかし、Tverを利用するときに、通信量が多くなることがあります。通信量が多くなると、データ通信料が高くなったり、通信速度が低下する可能性があります。
今回は、このTverの通信量が多くなる原因と対処法を紹介します。

 
 

Tverの通信量が多くなる原因

Tverの通信量が多くなる原因は、主に以下の3つです。

  • 画質が高い
  • 番組の長さが長い
  • バックグラウンドで再生している

画質が高いと、画像のデータ量が多くなります。Tverでは、画質を自動で調整する機能がありますが、通信環境が良いときには高画質で再生されることがあります。高画質で再生すると、通信量が増えます。

番組の長さが長いと、再生時間が長くなります。再生時間が長くなると、通信量も多くなります。Tverでは、1時間以上の長編番組や、複数の番組をまとめて視聴できる機能がありますが、これらを利用すると、通信量が増えます。

バックグラウンドで再生していると、画面を閉じても、音声が流れ続けます。音声だけでも、通信量は消費されます。Tverでは、バックグラウンドで再生できる機能がありますが、これを利用すると、通信量が増えます。

Tverの通信量を節約する対処法

Tverの通信量を節約する対処法は、主に以下の3つです。

  • 画質を低くする
  • 番組の長さを短くする
  • バックグラウンドで再生しない

画質を低くすると、画像のデータ量が少なくなります。Tverでは、画質を手動で調整する機能があります。画質を低くすると、画像の精細さは落ちますが、通信量を節約できます。

番組の長さを短くすると、再生時間が短くなります。再生時間が短くなると、通信量も少なくなります。Tverでは、番組の一部分だけを視聴できる機能があります。番組の長さを短くすると、内容の一部を見逃すことになりますが、通信量を節約できます。

バックグラウンドで再生しないと、画面を閉じると、音声も停止します。音声も停止すると、通信量は消費されません。Tverでは、バックグラウンドで再生しないように設定できる機能があります。バックグラウンドで再生しないと、他の作業をしながら視聴できなくなりますが、通信量を節約できます。

まとめ

Tverは、テレビ番組を無料で視聴できるサービスですが、通信量が多くなることがあります。通信量が多くなる原因は、画質が高い、番組の長さが長い、バックグラウンドで再生していることです。通信量を節約する対処法は、画質を低くする、番組の長さを短くする、バックグラウンドで再生しないことです。Tverを利用する際は、これらの原因と対処法を参考にして、通信量を管理してください。
→アプリ