【Tver】画質が悪いときの原因と対処法

Tverは、テレビ番組や映画などの動画を無料で視聴できるサービスです。しかし、時々画質が悪くなったり、画面が乱れたりすることがあります。
今回は、このTverで画質が悪いときの原因と対処法を紹介します。

 
 

Tverの画質が悪いときの原因

画質が悪いときの原因は、主に以下の3つに分けられます。

  • インターネット回線の速度が遅い
  • 端末の性能が低い
  • アプリの設定やバージョンが最適でない

それぞれの原因と対処法を見ていきます。

インターネット回線の速度が遅い

Tverはインターネット回線を通じて動画を配信しています。そのため、回線の速度が遅いと画質が低下したり、動画が途切れたりします。回線の速度は、以下の要因によって影響を受けます。

  • 回線の種類(光回線、ADSL、モバイル回線など)
  • 回線の混雑状況(時間帯や地域によって変わる)
  • 無線LANの電波状況(距離や障害物によって変わる)
  • 他のアプリやデバイスのネットワーク使用状況(同時に多くのデータをやり取りしていると遅くなる)

回線の速度を改善するには、以下の方法があります。

  • 回線の種類を変更する(光回線などの高速な回線にする)
  • 回線の混雑が少ない時間帯に視聴する(深夜や早朝など)
  • 無線LANの電波状況を改善する(ルーターと端末の距離を近づける、障害物を減らす、チャンネルを変更するなど)
  • 他のアプリやデバイスのネットワーク使用を減らす(ダウンロードやアップロードを停止する、同時に視聴しているデバイスの数を減らすなど)

端末の性能が低い

Tverは動画を再生するために端末の性能を必要とします。そのため、端末の性能が低いと画質が悪くなったり、動画がカクカクしたりします。端末の性能は、以下の要因によって影響を受けます。

  • 端末の種類(スマートフォン、タブレット、パソコンなど)
  • 端末のスペック(CPU、メモリ、ストレージなど)
  • 端末の状態(温度、電池残量、アプリの起動数など)

端末の性能を改善するには、以下の方法があります。

  • 端末の種類を変更する(スマートフォンよりもタブレットやパソコンの方が性能が高い場合がある)
  • 端末のスペックをアップグレードする(CPUやメモリを増やす、ストレージを空けるなど)
  • 端末の状態を最適化する(端末を冷やす、充電する、不要なアプリを終了するなど)

アプリの設定やバージョンが最適でない

Tverは、アプリの設定やバージョンによっても画質が変わります。そのため、設定やバージョンが最適でないと、画質が悪くなったり、動画が再生されなかったりします。アプリの設定やバージョンは、以下の要因によって影響を受けます。

  • 画質の設定(自動、高画質、低画質など)
  • キャッシュの設定(オン、オフ)
  • アプリの更新(最新版、旧版)

アプリの設定やバージョンを最適化するには、以下の方法があります。

  • 画質の設定を変更する(回線や端末の状況に合わせて、自動や高画質、低画質を選ぶ)
  • キャッシュの設定を変更する(キャッシュをオンにすると、視聴済みの動画を再生しやすくなるが、ストレージを消費する。キャッシュをオフにすると、ストレージを節約できるが、視聴済みの動画を再度ダウンロードする必要がある)
  • アプリの更新をする(最新版にすると、機能や安全性が向上するが、互換性やバグが発生する可能性がある。旧版にすると、機能や安全性が低下するが、互換性やバグが解消される可能性がある)

まとめ

Tverで画質が悪いときの原因と対処法について、回線、端末、アプリの3つの観点から紹介しました。画質が悪いときは、ご自身の環境に合わせて、適切な方法を試してみてください。
→アプリ