【Skype】カメラが機能しない原因と対処法

Skype(スカイプ)は、インターネットを通じて音声やビデオ通話を楽しめる便利なツールです。しかし、時々カメラが使えないといったトラブルに遭遇することがあります。

今回は、このSkypeでカメラが機能しない原因と対処法を紹介します。

 
 

スカイプのカメラが動作しない場合の対処法

スカイプは、オンラインでのコミュニケーションに便利なツールですが、カメラが動作しないという問題に遭遇することがあります。カメラが動作しない原因はさまざまですが、一般的には以下のようなものが考えられます。

・Windows 11 の更新後にカメラのドライバーが失われたり、互換性がなくなったりした場合
・ウイルス対策ソフトウェアがカメラへのアクセスをブロックした場合
・カメラへのアクセスを許可していないアプリを使用した場合
・カメラに問題があるアプリを使用した場合
・外部カメラの場合、USB ポートやケーブルに問題がある場合
・内蔵カメラの場合、カメラのスイッチやボタンがオフになっている場合

これらの原因に対して、それぞれに効果的な対処法があります。次の項目では、それぞれの対処法を詳しく説明します。

カメラのトラブルシューティング ツールを実行する

まず、カメラの問題を自動的に診断して解決するために、[ヘルプ] アプリでカメラのトラブルシューティング ツールを実行してみましょう。[ヘルプ] アプリを開き、カメラの問題を解決するための手順に従ってください。この方法で問題が解決しない場合は、次の項目に進みましょう。

カメラへのアクセスを許可する

Windows 11 の新しいバージョンでは、一部のアプリにはカメラへのアクセスが既定で許可されていません。カメラを使うためには、アプリにアクセス許可を設定する必要があります。アプリにアクセス許可を設定する方法は以下のとおりです。

・[スタート] > [設定] > [プライバシーとセキュリティ] > [カメラ] の順に選択します。
・[カメラ アクセス] がオンになっていることを確認します。オフで灰色表示になっている場合は、デバイスの管理者がカメラ アクセスをオンにする必要があります。
・[アプリがカメラにアクセスできるようにする] がオンになっていることを確認します。
・アクセス権のあるアプリを選択します。この一覧には、Microsoft Store からインストールされたアプリのみが表示されます。Microsoft Store からインストールしなかったアプリで問題が発生した場合は、 [デスクトップ アプリからカメラにアクセスする] がオンになっていることを確認します。個別のデスクトップ アプリへのカメラのアクセスをオフにできないことに注意してください。

ウイルス対策ソフトウェアを確認する

ウイルス対策ソフトウェアの設定で、カメラへのアクセスまたはカメラを使用するためのアクセス許可をブロックする設定がないかどうかを確認してください。ヘルプが必要な場合は、ウイルス対策ソフトウェアの会社の Web サイトにアクセスしてください。

カメラのドライバーを確認する

カメラのドライバーが失われたり、互換性がなくなったりした場合は、カメラが動作しなくなる可能性があります。カメラのドライバーを確認するには、以下の手順を実行してください。

・別の USB ポートを試す。外部カメラを使用している場合は、まずはデバイスの別の USB ポートを使用してみましょう。これが動作しない場合、またはカメラがデバイスに内蔵されている場合は、次の手順に進みます。
・デバイス マネージャーを開く。[スタート] を選択し、「 デバイス マネージャー 」と入力して、検索結果からそれを選択します。
・カメラを探す。[カメラ] 、 [イメージング デバイス] 、または [サウンド、ビデオ、およびゲーム コントローラー] でカメラを探します。カメラが見つからない場合は、 [操作] メニューを選択し、 [ハードウェア変更のスキャン] を選択します。スキャンされるまで待機して、更新されたドライバーを再インストールし、デバイスを再起動して、カメラ アプリをもう一度開いてテストします。
・カメラ ドライバーをロールバックする。更新後にカメラが機能しなくなった場合は、デバイス マネージャー で、利用しているカメラを右クリック (または長押し) し、 [プロパティ] を選択します。 [ドライバー] タブを選び、 [ドライバーを元に戻す] 、 [はい] の順に選びます。 (ドライバーによっては、このオプションが提供されていないことがあります。 お使いのドライバーで [ドライバーを元に戻す] を使用できない場合には、次の修正プログラムに進みます。 ) ロールバックが完了したら、デバイスを再起動して、カメラ アプリをもう一度開いてテストします。
・カメラ ドライバーをアンインストールし、ハードウェア変更をスキャンする。デバイス マネージャー で、利用しているカメラを右クリック (または長押し) し、 [プロパティ] を選択します。 [ドライバー] タブを選択し、 [デバイスのアンインストール] を選択します。 [ このデバイスのドライバーの削除を試みる] チェック ボックスをオンにし、 [OK] を選択します。 デバイス マネージャー の [操作] メニューで、 [ハードウェア変更のスキャン] を選択します。スキャンされるまで待機して、更新されたドライバーを再インストールし、デバイスを再起動して、カメラ アプリをもう一度開いてテストします。

カメラの設定を調整する

カメラのドライバーが正常に動作していることを確認したら、カメラの設定を調整してみましょう。カメラの設定では、カメラの解像度やフレームレート、明るさやコントラストなどの画質を変更できます。カメラの設定を変更するには、以下の手順を実行してください。

・[スタート] を選択し、「カメラ設定」を入力して、検索結果からそれを選択します。
・[カメラ] を選択し、使用するカメラを選択します。カメラが複数ある場合は、それぞれの設定を個別に変更できます。
・[カメラの設定] を選択し、カメラの解像度やフレームレート、明るさやコントラストなどのオプションを調整します。オプションはカメラのモデルによって異なります。設定を変更すると、カメラのプレビューが更新されます。
・設定を保存するには、 [適用] を選択します。設定を元に戻すには、 [リセット] を選択します。

スカイプの設定を確認する

カメラの問題がスカイプでのみ発生する場合は、スカイプの設定を確認してみましょう。スカイプの設定では、カメラの選択やテスト、オーディオやビデオの品質などを変更できます。スカイプの設定を変更するには、以下の手順を実行してください。

・スカイプを開き、 [設定] を選択します。
・[オーディオとビデオ] を選択し、使用するカメラを選択します。カメラが複数ある場合は、それぞれの設定を個別に変更できます。
・カメラのプレビューを確認し、カメラが正しく動作していることを確認します。カメラのプレビューが表示されない場合は、カメラのドライバーや設定を再度確認してください。
・オーディオとビデオの品質を調整するには、 [詳細設定] を選択します。ここでは、ビデオの解像度やフレームレート、オーディオのエコーキャンセルやノイズリダクションなどのオプションを変更できます。
・設定を保存するには、 [完了] を選択します。

まとめ

この記事では、スカイプのカメラが機能しない原因と対処法について、以下の5つのポイントを解説しました。

・カメラのトラブルシューティング ツールを実行する
・カメラへのアクセスを許可する
・ウイルス対策ソフトウェアを確認する
・カメラのドライバーを確認する
・カメラの設定を調整する
・スカイプの設定を確認する

これらの対処法を試してもカメラが動作しない場合は、カメラのハードウェアに問題がある可能性があります。その場合は、カメラのメーカーに問い合わせてみてください。