【Skype】音が聞こえない&マイクが使えない時の原因と対処法

Skype(スカイプ)は、インターネットを通じて音声やビデオ通話を楽しめる便利なツールです。しかし、時々音が聞こえない、マイクが使えないといったトラブルに遭遇することがあります。
今回は、このSkypeで音が聞こえない&マイクが使えない時の原因と対処法を紹介します。

 
 

音が聞こえない時の原因と対処法

Skypeで音が聞こえない時の原因は、以下のようなものが考えられます。

・スピーカーやヘッドセットの接続や設定が正しくない
・Skypeのオーディオ設定が正しくない
・インターネット接続が不安定
・Skypeのバージョンが古い
・Windowsのサウンド設定が正しくない
・Windowsのオーディオサービスが停止している

それぞれの原因に対応する対処法は、以下の通りです。

スピーカーやヘッドセットの接続や設定が正しくない

・スピーカーやヘッドセットが正しく接続されていることを確認してください。コネクタやケーブルに破損や汚れがないかもチェックしてください。
・スピーカーやヘッドセットにミュートボタンやボリューム調整ボタンがある場合は、それらが正しく設定されていることを確認してください。
・スピーカーやヘッドセットが正常に動作していることをテストしてください。Skypeのオーディオ設定画面で、スピーカーのアイコンをクリックすると、テスト音が再生されます。音が聞こえるかどうかを確認してください。

Skypeのオーディオ設定が正しくない

・Skypeのオーディオ設定画面を開いて、スピーカーとマイクロフォンのデバイスが正しく選択されていることを確認してください。選択肢が複数ある場合は、一つずつ試してみてください。
・Skypeのオーディオ設定画面で、自動的にマイクロフォンの設定を調整するというオプションのチェックを外してみてください。このオプションが有効になっていると、Skypeがマイクロフォンの感度を自動的に変更するため、音が小さくなったり、途切れたりすることがあります。
・Skypeのオーディオ設定画面で、エコーテスト通話を行ってみてください。これは、Skypeのフレンドリーなアシスタントのエコーにテスト通話をすることで、スピーカーとマイクロフォンの機能を確認できる機能です。エコーに話しかけると、自分の声が返ってきます。音が聞こえるかどうかを確認してください。

インターネット接続が不安定

・インターネット接続が不安定だと、Skypeの通話品質に影響が出ることがあります。音が途切れたり、遅延したり、ノイズが入ったりすることがあります。Skypeの通話画面には、通話品質インジケーターという機能があります。これは、通話中のインターネット接続の状態を示すアイコンです。問題がある場合は、赤や黄色に変わります。通話品質インジケーターをクリックすると、問題の原因と対処法を表示します。
・インターネット接続の状態を改善するためには、以下のことを試してみてください。
 ・WiFiの信号が強い場所に移動するか、可能であれば有線の接続を使用する。
 ・Skype以外のアプリケーションやブラウザを閉じるか、ファイル共有やストリーミングなどの帯域幅を消費する活動を停止する。
 ・Skypeの通話中に他のデバイスでインターネットを使用しない。
 ・ルーターやモデムを再起動する。

Skypeのバージョンが古い

・Skypeのバージョンが古いと、最新の機能や修正が反映されていないため、音が聞こえないといった問題が発生する可能性があります。Skypeのバージョンを最新にするには、以下の手順に従ってください。
 ・Skypeのメイン画面で、メニューバーから[ヘルプ]を選択します。
 ・[Skypeの更新]をクリックします。更新が利用可能な場合は、ダウンロードとインストールが開始されます。
 ・Skypeを再起動します。

Windowsのサウンド設定が正しくない

・Windowsのサウンド設定が正しくないと、Skypeの音が聞こえないといった問題が発生する可能性があります。Windowsのサウンド設定を確認するには、以下の手順に従ってください。
 ・Windowsのスタートメニューから[設定]を開きます。
 ・[システム]をクリックし、[サウンド]を選択します。
 ・[出力]の項目で、スピーカーとして使用するデバイスが正しく選択されていることを確認します。選択肢が複数ある場合は、一つずつ試してみてください。
 ・[出力]の項目で、音量のスライダーが最大になっていないことを確認します。最大になっていると、音が歪んだり、ノイズが入ったりすることがあります。
 ・[入力]の項目で、マイクロフォンとして使用するデバイスが正しく選択されていることを確認します。選択肢が複数ある場合は、一つずつ試してみてください。
 ・[入力]の項目で、音量のスライダーが適切な位置にあることを確認します。スライダーを動かして、音量のバーが青色に変わることを確認します。音量が低すぎると、相手に聞こえないことがあります。音量が高すぎると、音が歪んだり、ノイズが入ったりすることがあります。

Windowsのオーディオサービスが停止している

・Windowsのオーディオサービスが停止していると、Skypeの音が聞こえないといった問題が発生する可能性があります。Windowsのオーディオサービスを再起動するには、以下の手順に従ってください。
 ・Windowsのスタートメニューから[検索]を開きます。
 ・[サービス]と入力して、[サービス]アプリを開きます。
 ・[サービス(ローカル)]の一覧から[Windows Audio]と[Windows Audio Endpoint Builder]を探します。
 ・それぞれのサービスに右クリックして、[再起動]を選択します。
 ・Skypeを再起動します。

まとめ

以上が、Skypeで音が聞こえない&マイクが使えない時の原因と対処法です。
これらの方法を試しても問題が解決しない場合は、SkypeのサポートセンターやMicrosoftのサポートセンターに問い合わせてみてください。