Skypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の原因と対処法

Skype(スカイプ)は、インターネットを使って無料で音声通話やビデオ通話ができる便利なアプリです。しかし、時々Skypeが落ちたり、固まったり、止まったり、重くなったりすることがあります。

今回は、このSkypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の原因と対処法を紹介します。

 
 

Skypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の原因

Skypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の原因は、さまざまな要因が考えられます。
以下に、代表的な原因とその解決策を示します。

・Skypeのバージョンが古い場合

Skypeは、定期的に新しいバージョンに更新されています。古いバージョンのSkypeは、サポートが終了したり、互換性がなくなったり、不具合が発生したりする可能性があります。そのため、Skypeが落ちたり、固まったり、止まったり、重くなったりする場合は、まずSkypeの最新バージョンに更新してください。

・Skypeの設定ファイルが破損している場合

Skypeは、使用する際にいくつかの設定ファイルを生成します。これらのファイルが破損していると、Skypeの動作に影響を与えることがあります。Skypeの設定ファイルが破損している可能性がある場合は、以下の手順でファイルを削除してみてください。

1. Skypeを終了します。
2. WindowsキーとRキーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウを開きます。
3. [開く]ボックスに「%appdata%\skype」を入力して、[OK]をクリックします。
4. Skypeフォルダーが開きます。この中にある「shared.xml」というファイルを右クリックして、[削除]を選択します。
5. Skypeを再起動します。

※削除後に起動するとファイルが再生成されます。

・Skypeのキャッシュが溜まっている場合

Skypeは、使用する際にいくつかのキャッシュファイルを生成します。これらのファイルは、Skypeの動作を高速化するために必要ですが、あまりにも多くなると、逆にSkypeの動作を遅くしたり、不安定にしたりすることがあります。Skypeのキャッシュが溜まっている可能性がある場合は、以下の手順でキャッシュをクリアしてみてください。

1. Skypeを終了します。
2. WindowsキーとRキーを同時に押して、[ファイル名を指定して実行]ウィンドウを開きます。
3. [開く]ボックスに「%temp%\skype」を入力して、[OK]をクリックします。
4. Skypeのキャッシュフォルダーが開きます。この中にあるすべてのファイルを選択して、[削除]をクリックします。
5. Skypeを再起動します。

・インターネットの接続が不安定な場合

Skypeは、インターネットを使って通信するアプリです。そのため、インターネットの接続が不安定だと、Skypeの動作に影響を与えることがあります。インターネットの接続が不安定な場合は、以下のことを確認してみてください。

・ルーターの電源を入れ直したり、再起動したりしてみる。
・ルーターとコンピューターの距離を近づけたり、障害物をなくしたりする。
・他のデバイスやアプリがインターネットを使っていないか確認する。
・インターネットの速度や品質を測定するツールを使ってみる。

・コンピューターの性能が低い場合

Skypeは、コンピューターの性能にも影響されます。コンピューターの性能が低いと、Skypeが落ちたり、固まったり、止まったり、重くなったりすることがあります。コンピューターの性能が低い場合は、以下のことを試してみてください。

・Skypeを実行するための最小要件を満たしているか確認する。
・コンピューターの最新のソフトウェア更新プログラムとハードウェアドライバーをインストールする。
・コンピューターのディスクの空き容量やメモリの使用量を確認する。
・コンピューターのウイルスやスパイウェアをスキャンして除去する。
・コンピューターの不要なファイルやプログラムを削除する。

Skypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の対処法

Skypeが落ちる、固まる、止まる、重い場合の対処法は、原因によって異なります。上記の原因と解決策を参考にして、自分の状況に合った対処法を試してみてください。それでもSkypeのトラブルが解決しない場合は、以下の方法でサポートを受けることができます。

・Skypeのサインインに関する問題のトラブルシューティングを行う。
・Skypeのヘルプページでよくある質問や回答を検索する。
・Skypeのコミュニティで他のユーザーやエキスパートに相談する。
・Skypeのカスタマーサービスに問い合わせる。