【LINE】フォントサイズを変える方法&文字の大きさを比較する!

LINEでは、トークルームのフォントサイズ(文字の大きさ)を、「小・普通・大・特大」の4段階で変えることができます。

今回は、LINEのフォントサイズを変える方法の紹介と、文字の大きさの違いを画像で比較してみました。

スポンサーリンク

LINEののフォントサイズを変える方法

※当記事は、Android版のLINEアプリ(バージョン:8.3.2)を使用しています。

1.LINEアプリを起動して、「友だち」タブの画面右上にある「歯車(設定)」マークをタップします。

2.「設定」画面が開くので、画面を下方にスクロールして、「トーク」をタップします。

3.「トーク」画面が開くので、「フォントサイズ」をタップします。

4.ポップアップで「小・標準・大・特大」フォントサイズが表示されるので、変更したいサイズをタップします。
※現在のフォントサイズは「標準」で、ここでは「小」をタップします。

これで、フォントサイズが変わりました。

「小・標準・大・特大」サイズを比較する

フォントサイズを「小・標準・大・特大」のそれぞれに設定して、トークルームの文字の大きさを比較してみました。

大きさが変わるのは、テキストメッセージと、デコ文字・絵文字も吹き出しの中にあるものは変化しました。
スタンプや単独のデコ文字・絵文字は変化しません。
画面上部のテキストやアイコン、「今日」のような通知と、「既読」や時間表示、メッセージ入力欄の文字も変化しません。


標準


特大

iOS(iPhone、iPad)は「タブ」と「設定」のサイズも変わる

iOS(iPhone、iPad)版のLINEでは、トークルームのほかに、「友だち」タブ、「トーク」タブ、「通話」タブ、「設定」画面のフォントサイズも変化します。
「タイムライン」タブと「ウォレット」タブは変化しません。

手持ちのiPad3のLINEアプリ(バージョン:8.3.1)で、「小」と「特大」のみ比較してみました。


特大

トークルームのフォントサイズは、吹き出しの中にあるテキストメッセージ、デコ文字、絵文字と、「今日」のような通知、時間表示、メッセージ入力欄の文字も変化しました。
スタンプや単独のデコ文字、絵文字、画面上部のテキストやアイコン、「既読」は変化しません。

LINE
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!