【LINE】無料通話やビデオ通話を着信拒否する方法

LINEでは、無料通話やビデオ通話への着信を一括で拒否することができます。

今回は、この無料通話やビデオ通話を着信拒否する方法を紹介します。

※当記事では、Android版のLINEアプリ(バージョン:8.4.2)を使用しています。

スポンサーリンク

無料通話やビデオ通話を着信拒否する方法

1.LINEアプリを起動して、「友だち」タブの画面右上にある「歯車(設定)」マークをタップします。
LINE_友だちタブ

2.「設定」画面が開くので、画面を下方にスクロールして、「通話」をタップします。
LINE_設定_通話

3.「通話」画面が開くので、「通話の着信許可」のチェックマークを外します。
LINE_通話の着信許可

これで、通話の着信拒否設定は完了です。

無料通話をかけてみると?

手持ちの別のスマホLINEから、着信拒否設定をしたスマホLINEに、実際に無料通話とビデオ通話をかけてみました。

着信側(自分)は?

無料通話もビデオ通話も着信せず、呼び出し画面は表示されませんでしたが、プッシュ通知が届きました。
かけてきた友だち(相手)とのトークルームを見ると、「~からの着信がありました。通話の着信許可がOFFになっているため、応答できません。」という着信メッセージが届いていました(プッシュ通知と同じ内容です)。

下記は、上が無料通話、下がビデオ通話の着信メッセージで、どちらも同じ文面です。
※こちら(自分)がメッセージを見ても、相手に既読は付きません。
LINE_トークルーム_着信メッセージ

通話をかけた側(相手)は?

無料通話もビデオ通話もずっと呼び出し画面が続いたため、赤い終話ボタンをタップして、通話をキャンセルしました。
LINE_無料通話_呼び出し画面_かけた側

かけた友だち(自分)とのトークルームを見ると、こちら(相手)が通話をキャンセルしたので、「キャンセル」と表示されています。
※着信側(自分)のトークルームに届いた着信メッセージが、こちら(相手)にも表示されるわけではありません。
※着信側(自分)がメッセージを見ても、既読は付きません。
LINE_トークルーム_通話キャンセル

着信拒否設定をしていることはバレない

以上の点から、通話をかけてきた相手側に「着信拒否された」等のメッセージは届かないので、こちら(自分)が着信拒否の設定をしていることは、バレないと思われます。

ただ、相手のLINEでは延々と呼び出し中が続くので、不審に思われる可能性はあります。
こちら(自分)には、トークルームに着信メッセージが届くので、手が空いたら、折り返し通話をかけたり、メッセージを送る等の反応をしましょう。

着信拒否設定をせず、かかってきた通話をキャンセルすると?

今回の記事の趣旨とは離れますが、着信拒否設定を解除して、かかってきた通話を呼び出し画面でキャンセルするとどうなるかを試してみました。

着信側(自分)は?

無料通話の呼び出し画面で、赤い終話ボタンをタップして、通話をキャンセルしました。
LINE_無料通話呼び出し画面_着信側

かけてきた友だち(相手)とのトークルームを見ると、こちら(自分)が通話をキャンセルしましたが、相手からのメッセージの方に「キャンセル」と表示されています。
※こちら(自分)がメッセージを見ても、相手に既読は付きません。
LINE_トークルーム_通話キャンセルメッセージ

通話をかけた側(相手)は?

無料通話の呼び出し画面が、着信側(自分)が通話をキャンセルした時点で、自動的に閉じました。
いかにも「途中で切れた」というような効果音も鳴りました。
LINE_無料通話_呼び出し画面_かけた側2

かけた友だち(自分)とのトークルームを見ると、「応答なし」と表示されています。
※着信側(自分)がメッセージを見ても、既読は付きません。
LINE_トークルーム_通話キャンセル_かけた側3

通話をキャンセルしたことが、かけてきた相手にバレる

以上の点から、通話をかけてきた相手の呼び出し画面が閉じて、トークルームには「応答なし」と表示されるので、こちら(自分)が通話をキャンセルしたことは、相手にバレてしまうと思われます。

なお、試しに、通話の呼び出し中に、着信側(自分)のスマホのデータ通信を遮断してみたところ(Wi-Fi接続切断、モバイルデータ通信切断)、かけてきた友だち(相手)の呼び出し画面は切れることなく続き、着信側(自分)の呼び出し画面も切れずに続きました。
「電波状態が悪い場所にいて呼び出し中に切れてしまった」という言い訳ができるかなと思いましたが、こちら(自分)が通話をキャンセルした場合とは挙動が異なるため、やはり、相手にバレてしまいそうです。

LINE
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!