【Windows11】写真を回転させる方法

今回は、Windows11で写真を回転させる方法を紹介します。

 
 

1. 標準フォト機能を使用する

Windows11には標準でフォトアプリが備わっています。このアプリを利用して、写真を簡単に回転させることができます。画面下部にあるツールバーのスライダーを左右に動かすことで、写真を任意の角度に傾けたり、時計回りや反時計回りに90度回転させたりすることが可能です。また、画像を水平または垂直方向に反転する機能もあります。

2. Windowsのエクスプローラーを利用する

Windowsのエクスプローラーを使って、画像ファイルを直接回転させることもできます。ファイルを右クリックして「右に回転」や「左に回転」を選択します。

3. ペイントを使用する

Windowsに標準で付属しているペイントアプリケーションを使用して、画像を回転させることもできます。ペイントを開いた後、回転させたい方向と角度を選択することで、画像を右に90度回転、左に90度回転、または180度回転させることができます。

4. オンラインツールを活用する

PCにソフトウェアをインストールせずに画像を回転したい場合、オンライン画像ツールを利用することができます。これらのツールは、ブラウザ上で直接画像をアップロードし、回転させることができます。例えば、Online Image Tool Webアプリなどがあり、画像のバッチ処理やフォーマットの変換、圧縮なども可能です。

5. 他の画像編集ソフトウェアを使用する

IrfanViewのようなサードパーティ製の画像ビューアや編集ソフトウェアを使用することで、90度または180度以外の角度で画像を回転させることができます。これらのソフトウェアは通常、より高度な編集機能を提供しています。

まとめ

Windows11では、写真を回転させる方法がいくつも存在します。状況やニーズに応じて、最適な方法を選択することができます。