【Windows11】パソコンがフリーズする原因と対処法

今回は、Windows11のパソコンがフリーズする原因と対処法を紹介します。

 
 

Windows11でパソコンがフリーズする原因

Windows11でパソコンがフリーズする原因は、大きく分けて以下の5つです。

・実行しているプログラムが多すぎる

同時にたくさんのプログラムを開いたり、常駐プログラムが多いと、メモリ不足やCPUの負荷過剰によってフリーズが発生することがあります。

・熱暴走

パソコン内部の温度が高くなりすぎると、CPUやGPUの処理が遅くなり、フリーズが発生することがあります。

・ハードウェアの故障

メモリやCPU、ストレージなどのハードウェアに故障があると、フリーズが発生することがあります。

・ドライバの不具合

グラフィックカードやネットワークカードなどのドライバに不具合があると、フリーズが発生することがあります。

・ソフトウェアの不具合

インストールされているソフトウェアに不具合があると、フリーズが発生することがあります。

Windows11でパソコンがフリーズした場合の対処法

パソコンがフリーズした場合は、まず以下の対処法を試してみてください。

・強制終了する

パソコンが完全にフリーズした場合は、強制終了するしかありません。
キーボードの「Ctrl」+「Alt」+「Del」キーを押して、タスクマネージャーを開きます。
タスクマネージャーでフリーズしているプログラムを選択し、「タスクの終了」をクリックします。

・パソコンを再起動する

強制終了してもフリーズが解消しない場合は、パソコンを再起動してみてください。

・原因を特定する

パソコンがフリーズするのは、上記の5つの原因が考えられます。
フリーズが発生する条件や、フリーズしたときに画面に表示されるエラーメッセージなどから、原因を特定してみてください。
原因が特定できたら、それに応じた対処法を試してください。

原因別の対処法

・実行しているプログラムが多すぎる

同時に開いているプログラムを減らしてください。
不要なプログラムはアンインストールしたり、常駐プログラムを停止したりしてみてください。

・熱暴走

パソコンの周囲の温度を下げてください。
パソコンを冷却ファンの近くに置いたり、エアコンなどで室温を下げたりしてみてください。

・ハードウェアの故障

メモリやCPU、ストレージなどのハードウェアに故障がある場合は、修理や交換が必要です。

・ドライバの不具合

ドライバを最新バージョンに更新してください。
メーカーのWebサイトからドライバをダウンロードして、手動で更新してください。

・ソフトウェアの不具合

ソフトウェアをアンインストールしたり、アップデートしたりしてみてください。
ソフトウェアの開発元に問い合わせて、不具合の修正を待つこともできます。

パソコンがフリーズしないための対策

パソコンがフリーズしないための対策としては、以下のようなものがあります。

・パソコンの使用環境を整える

パソコンの周囲の温度を下げ、十分な通気を確保してください。

・不要なプログラムを削除する

不要なプログラムはアンインストールして、メモリを節約してください。

・ソフトウェアを最新にする

ソフトウェアのアップデートで、不具合が修正されている場合があります。

・定期的にパソコンをメンテナンスする

ハードディスクのデフラグや、メモリの掃除など、定期的にパソコンのメンテナンスを行ってください。

以上の対策を実施することで、パソコンがフリーズするリスクを減らすことができます。