【Windows10】タスクバーの色を「既定の青」に戻す方法

先日、Windows10をバージョン1903(May 2019 Update)にアップデートした後、タスクバーやタイトルバー等の色を変えようとWindows10の設定をいじっていたら、「白」や「黒」ベースの色に変わってしまい、元の「既定の青」色に戻せなくなってしまいました。
しかし、いろいろ設定の変更を試したところ、元通りの色に戻すことができました。

そこで今回は、このタスクバーやタイトルバーの色を「既定の青」に戻す方法を紹介します。

スポンサーリンク

各色のWindowsアイコン

まず、各色のWindowsアイコン画像を並べてみます。

既定の青
Windows10_既定の青


Windows10_白


Windows10_黒

「既定の青」アイコンは、Windows10をバージョン1903にアップデートする前に、スクリーンショットを撮っておいた画像です。
「白」と「黒」アイコンは、1903にアップデートした後、それぞれスクショを撮った画像です。

今回は、この「既定の青」に戻す方法を次項で解説します。

タスクバーやタイトルバーの色を「既定の青」に戻す方法

※ここでは、Windows10(バージョン 1903)を使用します。

1.Windows10のデスクトップ画面上でマウスを右クリックします。

2..コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開くので、「個人用設定(R)」をクリックします。
Windows10_コンテキストメニュー_個人用設定

3.「個人用設定」項目の「背景」画面が開くので、「色」をクリックします。
Windows10_個人用設定_背景

4.「色」画面が開くので、「色を選択する」項目のプルダウンリストをクリックします。
Windowsの設定_個人用設定_色_プルダウンリスト

5.プルダウンリストが開くので、「カスタム」をクリックします。
Windowsの設定_個人用設定_色_プルダウンリスト_カスタム

6.「既定の Windows モードを選択してください」項目と「既定のアプリモードを選択します」項目が表示されるので、それぞれ下記を選択します。

既定の Windows モードを選択してください:
既定のアプリモードを選択します:
Windowsの設定_個人用設定_色_プルダウンリスト_カスタム_既定のモードを選択

7.画面を下方にスクロールして、「Windowsの色」項目で、「既定の青」を選択します。
「以下の場所にアクセント カラーを表示します」項目の「スタート、タスクバー、アクション センター」と「タイトルバーとウィンドウの境界線」の両方に「✓(チェック)」を入れます。
※「6.」で、「既定の Windows モードを選択してください」項目を「白」にすると、「スタート、タスクバー、アクション センター」に「✓」を入れられません。
Windowsの設定_個人用設定_Windowsの色_既定の青

これで、タスクバーとタイトルバー他の色が「既定の青」色に変わります。
※「✓」を入れても各色が変わらない場合は、「Windowsの色」項目で、いったん「既定の青」以外の色を選択した後に、再度「既定の青」を選択すると、色が変わります。

補足・注意点

「既定の青」を選択しても、タスクバーの色は、ベースの「黒」色に「既定の青」色が混ざったような濃い青色になります。
タイトルバーは、「黒」色が混ざらない「既定の青」色になります。

タスクバー(Windowsアイコン)
Windows10_1903_既定の青

タイトルバー(Chromeブラウザ)
Chrome_タイトルバー_既定の青

error:Content is protected !!