【Windows10】CPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法

Windows10や7、XPなど、パソコンに重い処理をさせたり、同時に複数のアプリを実行すると、CPUの使用率が100%近くに上昇し、ノートパソコンならばCPUが内蔵されたキーボード面が放熱によって熱くなったり、高温になったCPUを冷却しようとCPUファンが勢いよく回転し始めます。

デスクトップパソコンならば、ファンが大きいので、それほどうるさくはないと思われますが、ノートパソコンの小さいファンが高速回転すると、パソコンによっては耳障りな音が発生します。

そこで今回は、このCPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法を紹介します。

スポンサーリンク

CPUの使用率を下げて放熱やファンの回転数を抑える方法

※当記事では、Windows10 Home(バージョン:1803)を搭載したノートPC(UX31A)使用します。
※当記事では、ノートPCを電源につないで使用する場合を想定します。

「電源オプション」を開く

1.Windows10を起動して、デスクトップ画面右下のタスクトレイにある「電源」アイコンをマウスで右クリックします。
Windows10_電源アイコン

2.コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開くので、「電源オプション」を左クリックします。
Windows10_電源アイコン_コンテキストメニュー

3.「電源オプション」画面が開きます。
Windows10_電源オプション

「最大のプロセッサの状態」を「50%」に下げる

4.「電源オプション」画面の「電源プランの選択またはカスタマイズ」項目にある電源プランの中から使用するプランを選択し、そのプランの「プラン設定の変更」をクリックします。
※ここでは、「バランス(推奨)」を選択し、その「プラン設定の変更」をクリックします。
Windows10_電源オプション2

5.「プラン設定の編集」画面が開くので、「詳細な電源設定の変更(C)」をクリックします。
Windows10_電源プラン設定の編集3

6.「電源オプション」画面が別ウィンドウで開くので、画面を下方にスクロールして、「プロセッサの電源管理」-「最大のプロセッサの状態」-「電源に接続: 100%」をクリックします。
Windows10_電源オプション_プロセッサの電源管理

7.「電源に接続(%):」が選択状態になるので、「100」の「▼」をクリック(または直接数値を入力)して、「50」に変更し、「OK」または「適用(A)」をクリックします。
Windows10_電源オプション_プロセッサの電源管理_CPU50%

これで、CPU(プロセッサ)の使用率上限が50%に抑えられ、パソコンに重い処理をさせて負荷をかけても、CPUは50%よりも多くは使われなくなります。
デスクトップやノートパソコンの冷却パーツや機構の性能にもよりますが、CPUのファンはほとんど回転しなくなります。
※それでもCPUのファンがそこそこ回転する場合は、「7.」の「最大のプロセッサの状態」の数値を「30」や「10」等に下げてみてください。
※「最大のプロセッサの状態」の数値を下げすぎると、通常は処理が軽い操作(Webブラウザを開く等)も動作が重くなるので、ご注意ください。

「システムの冷却ポリシー」を「パッシブ」に変える

上記の見出しまでの設定で、CPUの放熱やファンの回転数を抑えることができますが、「システムの冷却ポリシー」を変えることでも、ある程度の抑止効果が期待できます。

8.「プロセッサの電源管理」-「システムの冷却ポリシー」-「電源に接続: アクティブ ∨」をクリックします。

9.「電源に接続(%):」が選択状態になるので、「アクティブ ∨」をクリックして、「パッシブ ∨」に変更し、「OK」または「適用(A)」をクリックします。
Windows10_電源オプション_冷却ポリシー_パッシブ

「システムの冷却ポリシー」について

「システムの冷却ポリシー」は、「アクティブ」と「パッシブ」とで、下記の違いがあります。

アクティブ:プロセッサ速度を下げる前にファン速度を上げます。
パッシブ:プロセッサ速度を下げた後にファン速度を上げます。

「最大のプロセッサの状態」の数値を下げる設定と併用したり、パソコンによっては、「最大のプロセッサの状態」は「100%」のまま、「システムの冷却ポリシー」を「パッシブ」にすれば、CPUファンの回転数を抑えられるかもしれません。

Windows
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!