【Windows10】パフォーマンスオプションを変えて動作を軽くする方法

Windows10を使っていて動作が重いなと感じたとき、「パフォーマンスオプション」を変えると、動作が軽くなることがあります。

今回は、このパフォーマンスオプションを変えて動作を軽くする方法を紹介します。

スポンサーリンク

パフォーマンスオプションを変えて動作を軽くする方法

※ここでは、Windows10(バージョン:1803)を使用します。

「コンピューターの基本的な情報の表示」画面を開く

1.下記の記事を参考にして、「コンピューターの基本的な情報の表示」画面を開きます。

【Windows10】バージョン情報とシステム情報を開く方法
Windows10では、「バージョン情報」を見ることはできますが、「システム情報(コンピューターの基本的な情報の表示)」が、どこにあるのかわかりにくくなりました。 今回は、このWindows10...

パフォーマンスオプションを「パフォーマンスを優先する」に変える

2.「コンピューターの基本的な情報の表示」画面が開くので、「システムの詳細設定」をクリックします。
Windows10_システム情報_コンピューターの基本的な情報の表示1_5

3.「システムのプロパティ」画面の「詳細設定」タブが開くので、「パフォーマンス」項目にある「設定(S)…」をクリックします。
システムのプロパティ_詳細設定1

4.「パフォーマンスオプション」画面が開くので、「パフォーマンスを優先する(P)」のラジオボタンにチェックを入れて、「OK」をクリックします。
パフォーマンスオプション

5.「システムのプロパティ」画面に戻るので、「OK」をクリックします。
※「スクリーンフォントの縁を滑らかにする」がオフになったため、下記画面のテキスト文字表示が粗くなっています。
システムのプロパティ2

これで、Windowsのアニメーション効果やデザイン効果がオフになり、使用しているパソコンの性能によっては、動作が軽くなります。

ブログ管理人の設定

「パフォーマンスを優先する(P)」にチェックを入れて、すべての効果をオフにしてしまうと、作業がやりにくくなるため、ブログ管理人(私)は、下記のように設定しています。

6.上記「4.」の「パフォーマンスオプション」画面を開き、「カスタム(C):」のラジオボタンにチェックを入れます。
下記の項目にチェックを入れて、「OK」をクリックします。

アイコンの代わりに縮小版を表示する
スクリーンフォントの縁を滑らかにする
ドラッグ中にウィンドウの内容を表示する
パフォーマンスをオプション_カスタム1

error:Content is protected !!