【Twitter】ログイン履歴を見る方法 / 不正アクセスを見つけたら

Twitter(ツイッター)では、自分以外の誰かが不正にログインしていないか等を調べるために、ログイン履歴(ログインした端末、日時、場所(IPアドレス))を見ることができます。

今回は、このログイン履歴を見る方法と、不正アクセスを見つけた場合の対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

ログイン履歴を見る方法

※ここでは、iPhone7 Plus(iOS 12.2)のSafariブラウザを使用します。

非公開リストを作成する

1.Twitterサイトにアクセスします。

2.「「いま」起きていることを見つけよう」ページが開くので、「ログイン」をタップします。

3.「Twitterにログイン」ページが開くので、ログイン履歴を見るTwitterアカウントの「電話、メールまたはユーザー名」と「パスワード」を入力した後、「ログイン」をタップします。

4.「ホーム」ページが開くので、画面左上の「アカウント」アイコンをタップします。
Twitter_ホーム_アカウント

5.「メニュー」がスライド表示で開くので、「設定とプライバシー」をタップします。
Twitter_メニュー_設定とプライバシー

6.「設定」ページが開くので、「アカウント」をタップします。
Twitter_設定_アカウント

7.「アカウント」ページが開くので、「Twitterデータ」をタップします。
Twitter_アカウント

8.「Twitterデータ」ページが開くので、「アカウント履歴」をタップします。
Twitterデータ_アカウント履歴

9.「アカウント履歴」ページが開くので、「アカウントアクセス履歴」をタップします。
Twitter_skスント履歴

10.「アカウントアクセス履歴」ページが開くので、記載内容を確認し、「パスワード」欄に、Twitterアカウントのパスワードを入力した後、「確認」をタップします。
Twitter_アカウントアクセス履歴

11.画面が切り替わり、アクセス履歴(ログイン履歴)の一覧が表示されます。
Twitter_アカウントアクセス履歴一覧

不正アクセスを見つけたら

自分以外の誰かやアプリ等がアクセス(ログイン)した形跡や、身に覚えのないアクセスを見つけた際は、下記の作業を行い、今後、不正にアクセスされないようにします。

・Twitterアカウントのログインパスワードを変える。

・ログイン認証(二段階認証)を設定する。

・連携アプリを解除する。

不正アクセスされたことに対して、何らかの法的手段を取るような場合は、必要なTwitterデータの取得方法が、下記のページに記載されています。

Twitterデータを利用する方法

error:Content is protected !!