【インスタグラム】自分がタグ付けされた写真・動画をプロフィール画面に非表示にする方法

インスタグラム(Instagram)では、他のユーザーが投稿した写真(画像)・動画に自分がタグ付けされていると、自分のインスタグラムのプロフィール画面にその写真・動画が表示されますが、これを非表示にすることができます。
※自分が投稿した写真・動画に自分をタグ付けしても、プロフィール画面に表示されます。

今回は、この自分がタグ付けされた写真・動画をプロフィール画面に非表示にする方法を紹介します。

※当記事では、iOS(iPhoneやiPad)版のInstagramアプリ(バージョン 144.0)を使用します。

スポンサーリンク

自分がタグ付けされた写真・動画をプロフィール画面に非表示にする方法 – 個別

1.アプリを起動すると、前回開いていた画面が開くので、画面右下の「プロフィール」をタップします。

2.「プロフィール」画面が開くので、「あなたが写っている写真と動画」タブをタップします。
そこに表示された写真・動画の一覧の中から、プロフィール画面(この画面)に非表示にする写真・動画をタップします。
iOS版Instagram_あなたが写っている写真と動画

3.「タグ付けされたコンテンツ」画面が開くので、写真・動画部分をタップします。
タグが表示されるので、自分のタグ(ユーザーネーム)をタップします。
※ここでは、「id_aquos_sense」さんが投稿した写真に貼られた自分のタグ「id_iphone7」をタップします。
iOS版Instagram_タグ_あなたが写っている写真_プロフィールに表示しない

4.画面下から「タグのオプション」画面が開くので、「プロフィールに表示しない」をタップします。
iOS版Instagram_タグ_あなたが写っている写真_プロフィールに表示しない

5.「タグのオプション」画面が閉じて、「3.」の画面に戻るので、画面左上の「<(戻る)」をタップします。

6.「2.」の「プロフィール」画面「あなたが写っている写真と動画」タブに戻るので、スマホ画面を上から下にスワイプします。
iOS版Instagram_プロフィール_あなたが写っている写真と動画

7.画面が更新されて、「あなたが写っている写真と動画」タブから、「4.」でタップした写真・動画が消えます。
iOS版Instagram_プロフィール_あなたが写っている写真と動画_非表示

補足・注意点

・自分のプロフィール画面から、タグ付けされた写真・動画をを非表示にしても、写真・動画から自分のタグは消えません。

・自分のプロフィール画面から、タグ付けされた写真・動画をを非表示にしても、写真・動画を投稿した相手ユーザーには、何も通知は届きません。

・自分のプロフィール画面から非表示にした写真・動画の自分のタグをタップして、表示された「タグのオプション」画面の「プロフィールに表示」をタップすると、再び自分のプロフィール画面に、その写真・動画を表示させることができます。
※この操作をしても、写真・動画を投稿した相手ユーザーには、何も通知は届きません。
iOS版Instagram_タグ_あなたが写っている写真_プロフィールに表示

次ページ 自分がタグ付けされた写真・動画をプロフィール画面に非表示にする方法 – 全体

error:Content is protected !!