【Twitter】パソコンでオリジナル画像をダウンロードして保存する方法

Twitter(ツイッター)にアップロード(投稿)された画像(や写真)は、パソコンのWeb版Twitterで閲覧すると、Webブラウザの画面サイズに合わせて縮小されます。
また、画像をダウンロードすると、画像の容量(~MB)やサイズ(縦x横ピクセル)が、かなり圧縮されたものが保存されます。

そこで今回は、パソコンでオリジナル画像をダウンロードして保存する2つの方法を紹介します。

※Twitterにユーザーが画像をアップロードした時点で、Twitterによって画像が圧縮された場合は、その圧縮された画像がオリジナル画像としてダウンロードされます。

スポンサーリンク

パソコンでオリジナル画像をダウンロードして保存する方法1

※ここでは、Windows10パソコンのGoogle Chromeブラウザ(バージョン: 67.0.3396.79(Official Build))で、Web版Twitterにアクセスします。

1.Twitterにアクセスし、画像をダウンロードするツイートを開きます。
Web版Twitter_画像表示

画像URLの末尾に「:orig」を付ける

2.ダウンロードする画像の上でマウスを右クリックします。

3.コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開くので、「新しいタブで画像を開く(I)」をクリックします。
Web版Twitter_画像_右クリックメニュー

4.Webブラウザの新しいタブで画像が開きます。
Web版Twitter_新しいタブで画像を開く_猫

5.「4.」の画面で、Webブラウザの画像URLの末尾に「:orig」を追加して、キーボードの「Enter」キーを押します。
Web版Twitter_Chrome_画像URL

Web版Twitter_Chrome_画像URL_:orig追加

6.画像がオリジナルサイズに切り替わるので、画像をマウスで左クリックすると、原寸の大きさに拡大されます。
Web版Twitter_新しいタブで画像を開く_origサイズ

「名前を付けて画像を保存」する

7.上記「6.」の画像の上でマウスを右クリックします。

8.コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開くので、「名前を付けて画像を保存(V)…」をクリックします。
Web版Twitter_オリジナル画像_名前を付けて保存する

9.「名前を付けて保存」画面が開くので、画像を保存するフォルダーを開き、「保存(S)」をクリックすると、パソコンにオリジナル画像がダウンロードされます。

画像ファイル名の末尾の「_orig」を削除する

10.エクスプローラーで画像が保存されたフォルダを開くと、画像ファイル名の末尾に「_orig」が付いているので、これを削除します。
Twitter_オリジナル画像URL

Twitter_オリジナル画像URL_orig削除

※エクスプローラーで「名前の変更」から画像ファイル名末尾の「_orig」を削除する際に、「名前の変更」画面がポップアップで開いたら、「はい(Y)」をクリックします。
名前の変更

11.画像ファイルをダブルクリックすると、画像が開きます。

これで、オリジナル画像をパソコン上で開いて見ることができます。

パソコンでオリジナル画像をダウンロードして保存する方法2

次に、Chromeブラウザの拡張機能を使った方法を紹介します。

Chromeに拡張機能「Twitter 原寸びゅー」を追加する

1.Chromeブラウザに拡張機能の「Twitter 原寸びゅー」を追加して、有効にします。
Chrome拡張機能_Twitter原寸びゅー

「原寸画像を保存」する

2.Twitterにアクセスし、画像をダウンロードするツイートを開きます。

3.ダウンロードする画像の上でマウスを右クリックします。

4.コンテキストメニュー(右クリックメニュー)が開くので、「原寸画像を保存」をクリックします。
Web版Twitter_原寸画像を保存

5.「名前を付けて保存」画面が開くので、画像を保存するフォルダーを開き、「保存(S)」をクリックすると、パソコンにオリジナル画像がダウンロードされます。

6.エクスプローラーで画像が保存されたフォルダを開くと、画像ファイル名の末尾が「~-orig.jpg」となっています。
そのまま画像をダブルクリックすれば、オリジナル画像をパソコン上で開いて見ることができます。
Twitter_原寸画像URL

Twitter
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!