【Android】「電池の最適化」をオフにする方法

Androidスマートフォンには、バッテリーの消費を抑えるために「電池の最適化」という機能があり、各アプリごとに「電池の最適化」を「オン」「オフ」することができます。
Android OSの「システム」関係のアプリ以外は、ほぼすべてのアプリがデフォルト(初期値)で「オン」になっています。

しかし、「LINE」や「Gmail」アプリ等で、「電池の最適化」が「オン」になっていると、スマホがスリープ(画面オフ)状態のときに、メッセージやメールを受信できない(プッシュ通知が届かない)ことがあります。

そこで今回は、この「電池の最適化」をオフにする方法を紹介します。

※「LINE」や「Gmail」アプリ等でプッシュ通知が届かないときの原因は、「電池の最適化」以外にも、スマホの通信環境が悪かったり、各アプリの通知設定が「オフ」になっている、Googleアカウントの同期が「オフ」になっている等、他の事柄が原因の可能性もあります。

スポンサーリンク

「電池の最適化」とは?

まず、「電池の最適化」についてです。

・「電池の最適化」=「Doze(ドウズ)モード」という機能名が付いています。

・「doze」は「居眠り」という意味で、「Dozeモード」になると、スマートフォンがスリープ(画面オフ)状態のときに、バックグラウンドで動いている各アプリのネットワークアクセス等を遮断して、バッテリー消費量を抑えます。

・「Dozeモード」は、Android6.0から搭載された機能で、「システム」関係のアプリ以外は、ほぼすべてのアプリがデフォルト(初期値)で「オン」になっています(新規にインストールしたアプリも、自動で「オン」になります)。

・Android6.0では、スマホがスリープ状態になり、スマホ本体が机上に置かれる等、移動しない状態で、「Dozeモード」に移行します。

・Android7.0では、スマホがスリープ状態になった後、カバンに入れて持ち歩く等、移動していても、「Dozeモード」に移行するようになりました。

「電池の最適化」をオフにする方法

次に、「電池の最適化」をオフにする方法です。
※ここでは、AQUOS sense2(Androidバージョン 8.1.0)を使用します。

1.スマホ本体の「ホーム」画面にある「設定」アイコンをタップします。

2.「設定」画面が開くので、「省エネ&バッテリー」をタップします。
Android_設定_省エネ&バッテリ

3.「省エネ&バッテリー」画面が開くので、「電池」をタップします。
Android_省エネ&バッテリー_電池

4.「電池」画面が開くので、画面右上の「︙(メニュー)」アイコンをタップします。
Android_電池_メニュー

5.「メニュー」画面がポップアップで開くので、「電池の最適化」をタップします。
Android_電池_最適化

6.「電池の最適化」画面が開くので、「最適化していないアプリ ∨」部分をタップします。
※「電池の最適化」画面は、スマホ本体の「ホーム」-「設定」-「アプリと通知」-「詳細設定」-「特別なアプリアクセス」-「電池の最適化」からもたどり着けます。
Android_電池の最適化

7.「カテゴリー選択」画面がポップアップで開くので、「すべてのアプリ」をタップします。
Android_電池の最適化_カテゴリー選択

8.「電池の最適化」画面の「すべてのアプリ」カテゴリーが開き、「すべてのアプリ」が一覧に表示されるので、画面を下方にスクロールして、「電池の最適化」を「オフ」にするアプリを探します。
見つけたら、そのアプリをタップします。
※ここでは、「LINE」をタップします。
Android_電池の最適化_すべてのアプリ_LINE

9.電池の最適化を「する」「しない」を選択するポップアップ画面が開くので、記載内容を確認し、「最適化しない」を選択した後、「完了」をタップします。
電池の最適化しない_LINEアプリ

10.ポップアップ画面が閉じて、「電池の最適化」画面に戻ります。

これで、「電池の最適化」を「オフ」(「最適化しない」)にする作業は完了です。
「電池の最適化」を「最適化しない」に設定したアプリは、スマホ本体がスリープ(画面オフ)状態でも、そのアプリのネットワークアクセス等を遮断しなくなります(その分、バッテリーの消費量は増えます)。

error:Content is protected !!