【Twitter】広告を個別に非表示にする方法

Twitter(ツイッター)では、公式アプリやWeb版のTwitterを使うと、タイムラインに広告が表示されます。

今回は、この広告を個別に非表示にする方法を紹介します。

※Twitterの広告表示をまとめて非表示にすることはできません(2018年4月25日現在)。

スポンサーリンク

広告を個別に非表示にする方法

※ここでは、Android版のTwitter公式アプリ(バージョン:7.42.0)を使用します。

1.Twitter公式アプリを起動して、タイムラインに非表示にしたい広告のツイートを表示させます。
※広告ツイートは、ツイートの下方に「プロモーション」と表示されています。
Twitter公式アプリ_ホーム_広告1

2.広告ツイートの右上にある「∨」マークをタップします。
Twitter公式アプリ_ホーム_広告2

3.ポップアップでメニューが開くので、「この広告に興味がない」をタップします。
Twitter公式アプリ_広告_ポップアップ1

4.広告ツイートが非表示になり、広告ツイートが表示されていた場所に「ご協力ありがとうございます。フィードバックはタイムラインの精度向上に利用します。」と表示されます。
※「取り消す」をタップすると、同じ広告が再び表示されます。
Twitter公式アプリ_広告_非表示1

この広告が表示されている理由を見る

自分のTwitterに、この広告が表示されている理由を見ることができます。

1.上記「3.」のポップアップ画面で、「この広告が表示されている理由を見る」をタップします。
Twitter公式アプリ_広告_ポップアップ1

2.「この広告が表示されている理由を見る」画面が開き、理由が表示されます。
Twitter公式アプリ_この広告が表示されている理由を見る1

広告を報告

広告に何か問題がある場合は、Twitter社に報告することができます。

1.上記「3.」のポップアップ画面で、「広告を報告」をタップします。
Twitter公式アプリ_ポップアップ_広告を報告

2.「問題を報告する」画面が開くので、該当する項目をタップします。
Twitter公式アプリ_広告_問題を報告1

Twitter
スポンサーリンク
よろしければシェアお願いします!
PCエトセトラ
error: Content is protected !!