【TikTok】ショートムービーを作る4つのコツ

TikTok(ティックトック)でショートムービーを作るのは、意外に難しいものです。
そこで今回は、このTikTokでショートムービーを作る4つのコツを紹介します。

TikTokでショートムービーを作るコツとは?

TikTokは、15秒から10分までの動画を撮影して投稿できる(作成できる動画は最大60秒、アップロードできる動画は最大10分(2022年3月から))人気のアプリです。音楽やエフェクト、ステッカーなどを使って、自分の個性やセンスを表現できます。しかし、ショートムービーを作るのは簡単そうに見えて、実は難しいものです。どんなテーマやストーリーにするか、どうやって視聴者の興味を引くか、どうやって編集するかなど、考えなければならないことがたくさんあります。そこで、この記事では、TikTokでショートムービーを作るコツを紹介します。

1. テーマやストーリーを決める

ショートムービーを作る前に、まずはテーマやストーリーを決めることが大切です。
テーマとは、動画の内容やメッセージ、ジャンルなどを表す言葉です。例えば、「日常」「恋愛」「コメディ」「ホラー」「教育」などがテーマになります。
※「日常」をお題(やジャンル)、「日常はつまらない」「日常は楽しい」のように、お題から何を描くかがテーマ、という見方もあります。
ストーリーとは、動画の展開や流れ、登場人物や場面などを表す言葉です。例えば、「告白」「ドッキリ」「怖い話」「料理」「レビュー」などがストーリーになります。テーマやストーリーを決めるときは、以下の点に注意しましょう。

・視聴者のニーズや関心に合わせる
・オリジナリティや独自性を出す
・シンプルでわかりやすくする
・動画の長さに合わせて調整する

2. 動画を撮影する

テーマやストーリーが決まったら、次は動画を撮影することです。TikTokでは、アプリ内のカメラツールを使って、動画を直接撮影することができます。カメラツールには、以下のような機能があります。

・フリップ:カメラの向きを切り替える
・スピード:動画の再生速度を変える
・ビューティ:顔の美しさを調整する
・フィルター:動画に色や雰囲気を加える
・タイマー:動画の開始や停止を自動化する
・フラッシュ:動画に光を加える

動画を撮影するときは、以下の点に注意しましょう。

・明るくて広い場所で撮影する
・カメラを安定させてブレないようにする
・顔や身体の表情や動きを工夫する
・音声や音楽をうまく使う

3. 動画を編集する

動画を撮影したら、次は動画を編集することです。TikTokでは、アプリ内のエディタツールを使って、動画にさまざまな加工や修正を施すことができます。エディタツールには、以下のような機能があります。

・サウンド:動画に音声や音楽を追加する
・エフェクト:動画に特殊効果やアニメーションを追加する
・ステッカー:動画に絵文字やテキストなどを追加する
・ミックス:動画に他の動画を重ねる
・トリミング:動画の長さや順序を変える
・アジャスト:動画の明るさやコントラストなどを調整する

動画を編集するときは、以下の点に注意しましょう。

・動画のテーマやストーリーに合わせる
・動画の見た目や雰囲気を統一する
・動画のテンポやリズムを考える
・動画の最初と最後にインパクトを与える

4. 動画を投稿する

動画を編集したら、最後は動画を投稿することです。TikTokでは、アプリ内のポストツールを使って、動画にキャプションやハッシュタグなどを付けて、公開することができます。ポストツールには、以下のような機能があります。

・カバー:動画のサムネイルを選択する
・キャプション:動画の説明やコメントを入力する
・ハッシュタグ:動画のキーワードやカテゴリーを入力する
・プライバシー:動画の公開範囲やコメント許可などを設定する
・シェア:動画を他のSNSにも共有する

動画を投稿するときは、以下の点に注意しましょう。

・動画の内容やメッセージを伝える
・動画の視聴者やターゲットを想定する
・動画の人気やトレンドを調べる
・動画のフィードバックや評価を受ける

まとめ

TikTokでショートムービーを作るコツは、以下の4つのステップに分けられます。

・テーマやストーリーを決める
・動画を撮影する
・動画を編集する
・動画を投稿する

これらのステップを踏んで、自分のオリジナルなショートムービーを作ってみてください。