【SODA】涙袋を作る方法【美顔・美肌加工】

自然に盛った写真が簡単操作で撮れる自撮りカメラアプリの「SODA ソーダ Natural Beauty Camera」を使うと、撮影後の写真(画像)に写った人物の目に涙袋を作る(出す)ことができます。

今回は、このSODAで涙袋を作る方法を紹介します。

スポンサーリンク

涙袋を作る方法

※ここでは、iOS版(iPhoneやiPad等)の「SODA」アプリ(バージョン 3.2.2)を使用します。
※SODAの「ホーム」画面で「編集」をタップして編集(加工)する写真を開き、画面下の「ビューティ」をタップして「ビューティ」画面が開いたところから解説します。

「涙袋」を調整する

1.「ビューティ」画面に写真を開いたら、画面下のメニューを左にスクロールして、「涙袋」をタップします。
※ここでは、モデルの茜さやさん(ぱくたそフリー素材)の写真を開きます。
iPhone_SODA_ビューティ_涙袋

2.「涙袋」の調整画面が開くので、画面下のスライダーを左右に動かして(デフォルト調整値0)、「涙袋」の強さ加減を調整します。

調整値「0」(デフォルト調整値)
iPhone_SODA_ビューティ_涙袋_0

調整値「100」
※涙袋が強まりましたが、涙袋が浮き出る感じで、やや不自然に見えます。
iPhone_SODA_ビューティ_涙袋_100

「オリジナル」と「比較」する

3.画面右側の「比較」アイコンをタップすると、加工前の「オリジナル」(調整値「0」)写真に切り替わります。
「比較」アイコンをタップ中と非タップ時とで、加工前と後の写真を比較することができます。

オリジナル(「比較」アイコンをタップしている間だけ表示)
iPhone_SODA_ビューティ_涙袋_オリジナル

※写真の編集(加工)を終えたら、画面右下の「✓(チェック)」マークをタップします。
「加工する」画面が開くので、続けて他の加工をするか、加工を終える場合は、画面右上の「保存」をタップします。
加工後の写真がiPhoneに保存されるので、「写真」アプリ等で写真を見ることができます。

error:Content is protected !!